愛知県愛西市稲葉町西光寺・伽藍 愛知県愛西市の寺院・真宗大谷派 愛知県東本願寺 愛西市稲葉町のお寺・釈尊

【寺院の範囲】津島市,弥富市,名古屋市,あま市,蟹江町,桑名市,稲沢市 
【寺院名】真宗大谷派夕照山 西光寺【住所】愛西市稲葉町本郷200 
大駐車場完備】東側45台、西側20台駐車可能
ホームページ アクセス 戻る

【オフィシャル】《報恩講について》(仏教・宗教用語集)|愛西市西光寺

浄土真宗大谷派 東本願寺 愛西市稲葉町西光寺・報恩講の写真 浄土真宗大谷派 東本願寺 愛西市稲葉町西光寺・報恩講の写真

報恩講について

「報恩講」とは、宗祖親鸞聖人の御命日(11月28日)に当たって勤める聞法・念仏の集会であり、真宗門徒にとっては1年中でもっとも大切な仏事である。宗祖親鸞聖人の教えに遇い、自らの依りどころを教えていただいた御恩に報謝し、教えを聞信して、ともに念仏申す身となっていくことを誓う。
ご本山の東本願寺では、宗祖親鸞聖人の御命日までの1週間(11月21日から11月28日まで)の間報恩講が勤められる。11月25日には親鸞聖人のご生涯を著した「御伝鈔」拝読され、また御満座の11月28日には体を力強く前後左右に動かしながら念仏と和讃がよまれる「坂東曲」が勤まる。そのため、一般の門徒の家で勤める報恩講は、ご本山で行なわれる報恩講を早めて(取り越して)勤めるようになり、宗祖親鸞聖人の御命日(11月28日)よりも時期を早めてお勤めするために「お取越報恩講」と呼ばれ、省略して「お取越」と呼ばれている。


   

浄土真宗大谷派 東本願寺 愛西市稲葉町西光寺・報恩講の写真 浄土真宗大谷派 東本願寺 愛西市稲葉町西光寺・報恩講の写真

報恩講のはじまり(その1) ~本願寺第3代覚如上人に始まる~

親鸞聖人のなくなられた後、お弟子が聖人の徳を偲んで御命日に集会を持つようになり、 「報恩講」という名称は、親鸞聖人の33回忌法要(1294年(永仁2))にあたって 親鸞聖人の曾孫にあたる覚如上人(本願寺第3代)が「報恩講私記」を著述されたことに由来している。 聖人のご命日にこのご文を拝読し、報恩感謝の 想いを表された。これが「報恩講」の はじまりである。それが次第に形式が整えられていった。当時は「御報恩念仏会」といって7昼夜の法要が勤まっていた。 「報恩講私記」は、「報恩講式」ともいい、単に「式文」とも言われる。 「講式」というのは、仏さまや高僧のお徳を讃えるために書かれた文章である。 漢文で書かれ、拝読する時は読み下すという原則がある。 覚如上人はそうした伝統的な形式にのっとって、親鸞聖人のお徳を讃えられたのであった。

報恩講のはじまり(その2) ~蓮如上人と報恩講~

報恩講は当初、親鸞聖人の毎月のご命日にお勤めされていましたが、 本願寺第8代蓮如上人の頃から、年に一度、祥月命日にかけて の七昼夜お勤めする方式になったようである。 これを「御正忌報恩講」という。

ご本山(真宗本廟)の報恩講

ご本山(真宗本廟)の報恩講は、宗祖親鸞聖人の御祥月命日までの1週間(11月21日から11月28日)の間勤められます。

11月21日 14:00 初逮夜
11月22日 6:50 初晨朝
11月22日 10:00 初日中
11月22日 14:00 逮夜

11月23日 6:50 晨朝
11月23日 10:00 日中
11月23日 14:00 逮夜

11月24日 6:50 晨朝
11月24日 10:00 日中
11月24日 14:00 中逮夜

11月25日 6:50 中晨朝
11月25日 10:00 中日中
11月25日 14:00 逮夜

11月26日 6:50 晨朝
11月26日 10:00 日中
11月26日 14:00 逮夜

11月27日 6:50 晨朝
11月27日 10:00 日中
11月27日 14:00 結願逮夜

11月28日 6:30 結願晨朝
11月28日 10:00 結願日中[坂東曲]

【「公式Web」《報恩講について》(仏教・宗教用語集)|愛西市稲葉町西光寺】の説明終了トップページへ戻る

愛知県愛西市の寺院・庫裏 愛知県のお寺・東本願寺 愛西市稲葉町西光寺・本願寺 愛西市の西光寺・お釈迦様

愛西市本堂 愛知県愛西市稲葉町浄土真宗 愛知県愛西市の西光寺・真宗 愛知県住職

愛知県西光寺・樹木葬 愛西市稲葉町のお寺・伽藍 愛西市西光寺・庫裏 愛知県愛西市稲葉町真宗大谷派

愛知県愛西市稲葉町の西光寺・中陰法要 愛知県愛西市納骨堂 愛知県のお寺・本堂 愛西市稲葉町仏教

『仏教一口メモ』
【仏教とは】紀元前6世紀ごろお釈迦さまによって説かれた仏になるための教え。人生は苦であるということ(四苦八苦)から出発して八正道の実践により解脱して涅槃に至ることを説く。 キリスト教・イスラム教とともに世界三大宗教のひとつ。
【浄土真宗とは】鎌倉時代の初めに法然上人の弟子の親鸞聖人によって開かれた浄土教の一派。 阿弥陀仏の浄土に生れて悟りを開くことを目的とし、阿弥陀仏の力で救われる絶対他力により信心だけで往生できるとする。真宗とも称し,一向宗,門徒宗などとも呼ばれる。 真宗は主に十派あり、本願寺は蓮如上人により興隆したので、蓮如上人は中興の祖と呼ばれる。
【真宗十派とは】真宗大谷派(東本願寺)、浄土真宗本願寺派(西本願寺)、真宗高田派、真宗佛光寺派、真宗興正派、真宗木辺派、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、 真宗三門徒派、真宗山元派
寺院とは】仏閣、僧院ともいう。一般的には仏教において、仏像を安置し僧侶などが住み、 仏道の研究や布教活動のための修行や儀式を行う場として用いる建物を指す。日本では、古くは山の中に僧侶の修行の場として寺院が建てられたが、 のちにお寺は人々の住む町の中につくられ、城下町にも寺院が造られた。江戸時代には、キリスト教を禁止するため、 人々はいずれかの寺院に属さなければならないとする檀家(だんか)制度ができお寺は身近なものとなった。
お墓の歴史】現代のような墓石を使ったお墓が建てられ始めたのは江戸時代の元禄年間の頃である。 ただ当時は権力者などが中心で一般の人々には縁遠いものでした。一般の人々がお墓を建てられるようになったのは、昭和の初期から戦後高度経済成長で人々が豊かになってからだと 言われている。最近ではお墓の代わりに 納骨堂自然葬 (散骨樹木葬、海洋葬)なども見られる。 またお墓を作るには、 墓地、埋葬等に関する法律及び墓地、埋葬等に関する法律施行規則に従い許可が必要となる。
納骨堂の歴史】納骨堂の歴史は古く奈良時代に発掘されたものの中にも見受けられる。当時は霊廟と言われ、 墓石が江戸時代に誕生したのに比べ納骨堂の歴史はとても永く続いている。最近ではお墓の代わりとして自然葬 (散骨樹木葬)とともに増加傾向にある。
葬儀・葬式の歴史】葬儀の歴史は古く、 数万年前のネアンデルタール人の遺跡からも葬儀らしき痕跡が発見されており、 日本では縄文時代の遺跡に、腕を曲げて体を負った状態で葬られた屈葬が発見されている。現在日本では火葬が主流になっているが、7世紀以前の仏教が伝来する前は 土葬が当たり前であったようである。葬儀の形式も一般葬以外に、家族葬、生前葬、音楽葬、自由葬、個人葬、密葬、直葬などさまざまな形がある。 真宗大谷派の葬儀式はここをクリック
【愛知県愛西市稲葉町本郷200 西光寺周辺寺院】 玉泉寺安清院大法寺永敬寺明通寺正覺寺阿弥陀寺浄法寺信力寺万瑞寺明教寺隨念寺世尊寺大聖院玉泉寺安清院大法寺永敬寺明通寺正覺寺阿弥陀寺浄法寺信力寺万瑞寺明教寺隨念寺世尊寺大聖院
【寺院情報サイト】 A.全国の仏閣B.全国のお寺調査C.全国の寺院検索D.全国の寺院E.全国のお寺F.全国の寺院ガイドG.全国のお寺情報
Links: 1.津島市の寺院, 2.名古屋市の寺院, 3.弥富市の寺院, 4.蟹江町の寺院, 5.愛知県の寺院, 6.あま市の寺院, 7.愛西市の寺院,
【本堂新築・鐘楼堂修復工事】平成25年10月から平成29年4月までに行なった西光寺本堂新築・修復工事の写真2000枚以上を以下に掲載します。: 本堂新築工事写真一覧鐘楼堂修復工事写真一覧 西光寺本堂新築の趣意書 西光寺本堂落慶法要 旧本堂解体(2015年7月)本堂外構工事(2015年8-12月)本堂外構・基礎工事(2016年1-3月) 第2回木材検査 本堂新築工事写真(2016年7月) 本堂新築工事写真(2016年10月) 本堂新築工事写真(2016年12月) 本堂新築工事写真(2017年1月) 本堂新築工事写真(2017年2月) 本堂新築工事写真(2017年3月) 本堂新築工事写真(2017年4月)QRコード
【仏教関連用語一覧】:僧侶,永代供養,追弔会,本堂・お堂・御々堂,月命日,門徒,檀家,住職,墓地,葬送,葬儀,中陰法要,導師,本堂・御堂,お墓,供養,住職法要,方丈,告別式,告別式,祥月命日,浄土真宗,功徳,納骨堂,寺社仏閣,年忌法要,本堂・御堂,伽藍,会葬,真宗大谷派
【日本の仏教宗派一覧】:浄土真宗本願寺派,真言宗御室派,浄土宗西山禅林寺派,臨済宗建長寺派,顯本法華宗,真宗高田派,真言宗須磨寺派,聖観音宗,臨済宗東福寺派,曹洞宗,西山浄土宗,高野山真言宗,真宗大谷派,時宗,真宗佛光寺派,華厳宗,臨済宗妙心寺派,真言宗泉涌寺派,孝道教団,天台真盛宗,天台宗,本門法華宗,真宗木辺派,律宗,法華宗真門流,真言宗中山寺派,妙見宗,臨済宗相国寺派,真言三宝宗,真言宗豊山派,信貴山真言宗,聖徳宗,真言律宗,真言宗国分寺派,真宗興正派,臨済宗天龍寺派,真言宗山階派,金峯山修験本宗,法相宗,念法眞教
【愛西市西光寺ホームページのサイトマップ】